どうしてもお金が必要なときとは冠婚葬祭、子どもの教育費

普通にお給料をもらっていて、予算内で生活する習慣があればどうしてもお金が必要になることはそれほど回数は多くないと思います。少しづつでも貯金していれば、そこから支出することができるからです。しかし、こちらの都合おかまいなしにお金が出ていくこともあります。冠婚葬祭が一つの例です。人は死ぬときはもちろん、結婚するときも参列者の懐具合などは考慮に入れてくれません。こちらが若くてお給料もまだ多くないときは、友人たちも若く結婚適齢期なので結婚式が目白押しになることもあります。一か月に一度結婚式に呼ばれただけで、かなり経済的に苦しくなります。

人との付き合いが濃い地域に住んでいる人は、お葬式への参列も痛い出費になることもあります。遠くの親戚が亡くなったときは交通費も馬鹿になりません。かといって無視するわけにもいかないのが冠婚葬祭です。どうしてもお金が必要なときに備えて、普段から貯金をしておくものですが、それでも間に合わないことも起こりえます。

どうしてもお金が必要なときは親やきょうだいなどを拝み倒して貸してもらう方法があります。あるいは友情が壊れることを覚悟して友達に貸してもらうこともできます。人間関係を悪化させたくないときは、消費者金融という手があります。金利がゼロ円というキャンペーンをしている場合もありますから、うまく利用すれば窮地を乗り切ることができます。消費者金融はイメージが悪くて嫌だという人なら、金利は高くなりますが、クレジットカードのキャッシング枠を使うという方法もあります。クレジットカードのキャッシング枠は、大きなローンを組もうとするときにはお金を借りているとみなされるという弱点がありますが、一枚持っているだけならいざというときに便利に使えます。

どうしてもお金が必要になるのが自分ではなく友人、家族の場合もあります。何度も踏み倒されている相手には毅然と断るべきでしょうし、家族なら何とかしてあげたいときもあるでしょう。対処の仕方はさまざまになります。

みんなが実践している短期間でお金を稼ぐ方法

本当はココに全てを書きたいのですが、そうすると長くなっちゃうので別記事に書く事にしました。今すぐお金がほしい!という方におすすめの副業があります!

1位 副業で数億円稼げる夢の副業!

2位 簡単副業で数千万円!!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ