どうしてもお金が必要な状況のときどうすればいいのか

どうしてもお金が必要なときとはいつでしょう。そもそも、普段、普通に生活をしていて突然どうしてもお金が必要になることなんてあるのでしょうか。もちろん、急病にかかって病院代が必要となることもあるでしょう。ですが、そんなに多くの人が急病にかかることはないでしょうし、そこまで高額な医療費を全額自己負担するなんて状況はまずないでしょう。

では、他のどうしてもお金が必要な状況とはどのような状況でしょう。会社を作ったが、上手く行かず消費者金融からお金を借りてしまい、返済を迫られているという状況がそれにあたるのでしょうか。ただ、この場合には、会社が上手くいかなくて借金を返せる見込みもないのなら、潔く破産宣告をしてしまえばいいはずです。お金が必要だと、親戚に借りて回るようなことをする必要はないはずです。

誰かの保証人になっていて、誰かの代わりに突然その借金を払わなければならない状況がそのお金が必要な状況にあたるのでしょうか。そういった場合は、確かに両親や親戚に頼んで一括でその借金を返済し、少しずつ確実に借りた人に借金を返済していくのがいい方法かもしれません。自分が作った借金でなければ、その人には大抵ある一定の収入があるはずなので、少しずつでも確実に返していけるはずです。そういった場合の、借金であれば事情をきちんと話して約束どおりにお金を返済していけばそれほど問題は起こらないはずです。

あとは、お金が必要なのならば、自分でお金を作っていくことです。お金が必要になるとすぐに誰かに借りるという考えは短絡的過ぎます。お金に関する問題は人間関係を壊すこともよくあります。ですから、なるべく自分で必要なお金は自分で作り出すことを考えることが一番いい方法です。また、お金が必要な状況に備えてある程度の貯蓄もしておくことが必要です。ある程度貯蓄があれば、お金が必要な時に貯蓄を崩せば何とかなります。お金はまた稼げばいいのですから。とにかく、お金に関しては余裕を持って行動できるよう備えておく必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ