短期間でお金を用意するクレジットカード現金化!違法性と落とし穴は?

短期間でお金を用意するクレジットカード現金化!違法性と落とし穴は?

短期間でお金を作る方法としてクレジットカード現金化が話題となっているようです。
知識なく安易に手を出すと取り返しのつかない事態に陥ることにもなります。

そこで、今回はクレジットカード現金化の違法性をご紹介したいと思います。

急にお金が必要!クレジットカード現金化に手をだす前に

「クレジットカード現金化」という言葉を聞いたことがありますか?

この方法、短期間で簡単に現金を手に入れられる方法として知られています。
ですが、実際にどのような方法であるのか知っている方は少ないかと思います。

急にお金が必要になる事態は誰にでもあると思います。
公共料金の支払いが重なったり、キャッシングによるローンの返済、衝動買い、急な医療費など様々です。

そんな時に、オススメされがちな短期間でお金を用意するクレジットカード現金化ですが、実は恐いものなんです。

知っておきましょう!クレジットカード現金化の流れ

まずはクレジットカード現金化とは具体的にどういったものであるのか知っておくべきです。

クレジットカード現金化、これはクレジットカードにある「ショッピング枠」というものを換金目的として使って現金を得る方法です。

やり方として、クレジットカードを使う人間と商品を売る業者が必要となります。
世の中には、クレジットカード現金化を行うことができる業者などが存在しており、その業者を利用してお金を用意している方も多いのではないかと思います。

この業者と手を組み、ショッピング枠を利用して商品を実際の価値の価格よりも高い値段で購入する。
そして、すぐに業者がその価格よりも少し安い値段で購入された商品を買い取ることでクレジットカードを使う人間と業者の両方がお金を得ることのできます。
このシステム、一連の流れの事を「クレジットカード現金化」と言います。

ペナルティも!?クレジットカード現金化の違法性

クレジットカード現金化は一見すると消費者・業者共にお金が得られるいい方法かと思われるのではないでしょうか。
しかし、この世の中そんな美味しい話ばかりではありませんのでこのクレジットカード現金化にも落とし穴があります。

そもそもこの方法、クレジットカード会社が認めている方法ではありません。
したがってこの手段を取っているとクレジットカード会社にばれてしまった場合何らかのペナルティが消費者のほうに課せられてしまうのです。

最悪の場合はクレジットカード没収、ブラックリストに名前が記載され二度とクレジットカードが作れないといった事態に陥ってしまう事もあります。

そのため、短期間で用意できるお金が必要だからといって安易に手を出すものではないのです。

クレジットカード現金化は最終手段!副業をして備えよう

また、クレジットカード現金化は行うとしても世の中に存在している専門の業者がどれも優良業者であるとは限りません。
中には優良業者の名を騙った悪徳業者である可能性もあり、借金などのトラブルに巻き込まれるといった実例も少なくありません。

また、トラブルに巻き込まれた際は違法行為を行っているわけですから警察にも行きづらいかと思います。
ですので表だって被害を届けられずに泣き寝入りしてしまうケースもあります。

クレジットカード現金化は、オススメしませんがどうしてもお金が短期間で必要であればやってみるのも手です。
ですが、できれば日頃から意識して「節約」をしたり「副業」をして準備を整えておくべきです。

まとめ:短期間でお金を用意するなら副業しよう!

今回は短期間でお金を作る方法として知られている「クレジットカード現金化」についてご紹介させていただきました。

ご紹介したように、クレジットカード現金化はとても恐いものなので安易に手を出すのではなく、最終手段にしましょう。
なるべく、日頃から本業とは別に副収入を稼いだり、その方法としてネットで副業をしておくことをオススメします。

当サイトでは短期間でお金を稼ぐことができるインターネットを使った副業も多数ご紹介しています。
きっとあなたにもできそうな手軽で簡単なものも見つかると思いますので、是非他の記事も参考にしてみてください!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ